グローバルな子どもに育てるなら!〜「◯◯でもいいよ」は、やめにしない?〜

   

   

   

   

   

   

   

    

   

   

   

   

   

    

   

   

日本人が苦手なこと

   

娘が4歳になった最近まで、我が家はスーパーに行っても子どものためにお菓子売り場で何かを買うということを数えるくらいしかしたことがありませんでした。

   

一度覚えさせてしまうと、教えたことのない状態に戻せないからです。

   

この「Which one?」というフレーズを使うために、何度かお菓子を選ばせたことがあるかなぁ…という程度です。(なんだったかは忘れた)

それはスーパーだったり、出先のちょっとしたおもちゃだったり、お子様セットについてくるおまけだったり…。

   

人生には「選択する」シーンがいくつもいくつも出てきますよね!

   

私は娘が今より小さなときから「本人に選ばせる」ことを大切にしていきたいと考えているので、(コッチの方がいいんじゃないかなぁ…)ということがあっても多少アドバイスはしますがぐっと堪えることにしています。

   

先日のブログに書いた「日本人は自分に自身が持てない」というテーマと同じくらい大切に考えているテーマがこちらです。

自分の意見をはっきり言えない日本人

これは世界に出ることを考えると、とてもマイナスポイントです。

   

ダラシュフうち子の「こどもとえいご」

                    […]…

   

   

海外で「あなたはどう思うの?」と聞かれて「どっちでもいいよ」なんて曖昧な回答をすると、信用を得ることはできません。お仕事ならなおさら。

   

旅行でアメリカを訪れて、ハンバーガーショップでチーズバーガーかダブルチーズバーガーかで悩むのであれば「どっちでもええわ」と言いたくもなりますが、学業やお仕事で行くのであればそうは行かないですよね。

自分の意見を言えない人は「自分を持っていない人」「よくわからない人」というレッテルを貼られることでしょう。「どっちか決められない」理由を、英語で説明できれば別ですが。

   

私は◯◯だから、こうするよ

私は△△だから、こうだと思う

   

グローバルな人材になるには、ひとつひとつの物事にハッキリと意見を持つことが大切です。

   

めんどくさい時についつい言ってしまう「どっちでも…」というフレーズ。

   

   
グローバルな将来を目指すなら、今から「選択する」習慣をお子さんにつけてあげましょう!!

   

   

よろしければフォローお願いします!
/*楽天の広告を左寄せ始まり*/ .rakuten{ float:left } /*楽天の広告を左寄せ終わり*/