きっかけは英語でした〜親が子どもに本当に教えなければいけないこと〜

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

そこに救急車がいる意味

   

乗り物は子どもと英語遊びをするうえでとても魅力的な素材ですよね!

うちは女子なので男子ほど「車!飛行機!新幹線!」というような食いつきはしませんが、屋外で大きなサイレンを鳴らして走る救急車や消防車にはとても興味があるようです。

   

私が運転をしている時、緊急車両を避けるために「It’s an ambulance!」と注目するので覚えてしまったようで。

保育園でも英語が出たことは嬉しかったですが、緊急車両を見つけて浮かれるような子になって欲しくないので少しばかり反省しました。

   

うち子

救急車や消防車がサイレンを鳴らしている時は、”たすけて〜!”の時なんだよ。

病気やケガで苦しんでいる人を迎えに行ったり、乗っているかもしれないから早く病院にいかなきゃいけないの。

乗っている人や家族は大変なんだよ

そう説明するとなんとなく理解したようで、今では緊急車両を見かけると

おゆり
誰かが”たすけて〜”なの?

と、乗っている人のことを案じるような発言をするように。

車を運転している時は緊急車両に道を譲らなければいけない、など交通ルールも教えられるいいきっかけになったので、英語関係なく学習できて良いきっかけになりました。

   

   

本当の教育とは?

   

ある日、ちょっと大きめの公園で遊んでいたところ救急車と消防車が一台ずつやってきました。

泣きながらお父さんに抱かれたお子さんが乗り込んだのでケガでもしたのかと心配になるも、救急車はその場に留まったまま。

救急隊の方々が遊具周辺で現場検証のようなことをしていたので、比較的緊急ではないのだと感じましたが…

   

そのすぐそばで小さな男の子を救急車の前に立たせ、スマホで記念撮影をしているお母さんを目撃。とても悲しい気持ちになりました。

   

考え方や教え方は各家庭で違うとは思いますが、嬉しそうにピースをしていたあの男の子が、いつか緊急車両の本当の役割と乗っている人の気持ちを理解できる日が来るといいなと思います。

本来は親にこういうことを教わって欲しいものです。

   

   

みなさんはどうお感じになりますか?

   

   

よろしければフォローお願いします!
/*楽天の広告を左寄せ始まり*/ .rakuten{ float:left } /*楽天の広告を左寄せ終わり*/