【時間で検証】子どもの英語教育に最適な方法は?

   

2020年度から小学校の英語教育が大きく変わることは、お子さんを持つ親御さんならきっと誰しも気になるテーマではないでしょうか?

今から準備が必要?どんな方法がベスト?

いろいろと選択肢があって困ってしまうのが親のツラいところ。
でも我が子には最善を尽くしてあげたいのもまた親心ですよね。

  

  

2020年に何が変わるの?

   

2020年度から学習指導要領が変更され、現在の英語教育にさまざまな変化が出てきます。

現在5・6年生が必修となっている「外国語活動」。
これが3・4年生で必修となり、5・6年生では英語が「教科化」されます。

「必修」とは「必ず教えなくてはならない」ということ。
また「教科化」とは成績がつくようになるということです。

ただしすべての学校で同一の内容が実施される訳ではなく、自治体や学校によって取り組みは様々。2018年度からすでに開始となっているところもあります。

  

我が子に最適な英語教育!

   

赤ちゃんの時はただ時間に追われるだけで1日を終えていたパパやママも、我が子が立って歩いて走れるようになって少し余裕が出てくると次のステップを目指したくなるもの。

  

将来は英語が必要になってくるし、英会話教室にでも入れてみようかな?

  

ここでどんなことがポイントになってくるか、いくつかあげてみましょう!

    

英語を勉強する方法は ?

  • 大手の英会話教室に通わせる
  • ディ◯ニーなどのキャラクター教材で楽しくお勉強する
  • キレイな発音をつけさせたいので、ネイティブの先生に習う

  

もっとたくさんあるかもしれませんが、皆さんならどんな方法を選択しますか?

  

  

  

これは私の持論ですが、上の どの方法もOKだと思います!!

  

ただし、次のような条件付きです。

  

いずれの方法も英語に触れる時間を十分に取り、親子ともに楽しんで取り組めること。

  

それではひとつずつ見てみましょう。

  

  

大手の英会話教室に通わせる

  

大手の英会話教室ではほとんどの場合、教材やカリキュラム、講師の質などは(自分に合えば)十分すぎると言えるでしょう。

年間◯◯回という出席回数が決まっており、欠席しても振替制度などがあればムダなく出席できるところが多いです。

おそらくそういった大きな教室には日本人講師もネイティブ講師もいらっしゃるところが多く、相手もプロですからそれぞれに合った先生のクラスに入れれば子どももすんなり楽しめることが多いと思います。

  

  

キャラクター教材で楽しくお勉強する

  

某キャラクターを引き合いに出すようですが、 誰もが知る有名キャラクターの通信講座は、これまたカリキュラムやおもちゃの造り、イベントの多さなど、モチベーションがこれでもかというほど上がりっぱなしの素材が満載のようです。

英会話教室と違う点として、自分の好きな時間に自宅で遊びながら練習できるということ。そこに講師はいませんが、CDやDVDに出てくるキャラクターが講師となって、どんなに月齢が低いお子さんでも楽しめ、教室に通わなくて済むと言う点でママの負担は少ないと思います。

  

  

キレイな発音をつけさせたいので、ネイティブの先生に習う

  

今はインターネットで受けられるオンラインレッスンのサービスがたくさんあります。

自宅にいながら好きな時間に講習が受けられ、ネイティブスピーカーとお手頃な料金で英会話練習ができるようになりました。

また他に、幼児教室に英語コースがある場合もありますし個人で運営されている教室などが近所にあれば、大手にはないアットホームさが感じられるレッスンが味わえるでしょう。

  

いかがでしたか?

  

上の3つの選択肢で決められそうな方は、ここで読み終わっても大丈夫です!

  

  

選択肢はいろいろあるけれど、お金はそんなにかけられない…

お金はかけてもいいけれど、通う時間はあまり取れない…

うちの子は人見知りで、知らない大人と話すどころか会うのもちょっと…

  

このように、お子さんの性格や現地まで連れていくママの事情は無視できない場合もきっとたくさんありますよね。

  

  

うち子

う〜ん、結局どの方法がいいの?
やっぱり決められない…という方!

  

大丈夫!
どんな人でも絶対にできる最良の方法がありますのでぜひ最後まで読んでみてください ❤️

  

  

ここで算数の問題です

  

英語の話ですが、ちょっとだけ算数の計算を。

 

外国語の習得には2000~3000時間の音声インプットが必要と言われており、1000時間の誤差はその人の個性だそうです。(諸説あります)

実際には科学的に証明されていないそうですが、多くの専門家が言うにはだいたいこのくらいの時間のようです。

研究者の中には4000時間(!)と言う方もいるとか…

   

うち子
ただし上記の対象は幼児ではなく15歳以上の人向けです!!

  

仮に2000時間の学習を1年で達成するにはどのくらい勉強する必要があるか計算してみましょう。

  

  

1年で2000時間学習をする場合

  

2000(時間)÷365(日)=およそ5.5時間/日

  

計算上、1日あたり約5時間半学習して、1年でやっとそれなりの実力がつくと言うことです。2年なら、1日およそ3時間弱の学習時間ということに。

5時間や3時間って、結構多いですよね。大人でもイヤになってしまうレベルだと思いますし、現役の学生さんでも英語にだけこんなに時間を費やすことはできないと思います。

  

次は、英会話教室に通った場合です。

  

  

英会話教室に週1回(1時間)通った場合

  

1時間×(月)4回×12(か月)=48時間

  

毎週1回のレッスンで1年間通って48時間です。
週2回のコースで通ったとしても96時間ですね。

自宅学習を含めなければ2000時間どころか100時間にも満たない学習時間。
20分の1以下です。

   

週1回のペースで学習すると、2000時間に達するのに約42年かかります!

  

    

うち子

さらに、(実は)英会話教室のマネージャー経験のある私から補足!

・コースによっては必ずしもマンツーマンではない。
・子どもたちは必ずしもレッスンのあいだ中、集中できるとは限らない。
・スクールによっては1レッスンが50分などで設定され、1時間ないところも。
さらに入学金や授業料にプラスして毎月教材費などもかかる場合があります。

   

デメリットばかり目立つようですが経済的な負担が少ないおうちなら、もちろんスクールに通ったり、通信講座を使用するのはとても効果が出るはずです。

  

  

おうち英語の学習効率は?

  

では、毎日おうちで15分間英語に触れてみた場合はどうでしょうか?
ここでは15分を「0.25」に換算して計算してみます。

  

0.25×30(日)×12か月=90時間(!)

  

なんと1日たったの15分で、週2回のコースで英会話教室に通った場合と同じくらいの時間になってしまいました。

   

うち子
さらに補足!

・週1回(1時間)のレッスンよりも毎日触れる15分の方が脳に定着しやすい。
・他人よりもママとのコミュニケーションの方が吸収率が格段にアップする。

  

学習時間の差だけで表現してしまいましたが、上でも書いたようにもちろん学習教材や英会話スクールで得られるものは大きいです。

しかし、おうち英語で断然違うのはママ自身が子どもの先生になるというところ。

低月齢の赤ちゃんであれば幼児向けのレッスンに参加することそのものが難しいですが、ママの声ならいつでもどこでも聞くことができます。

お外でもお部屋でもお風呂でも耳に入ってくるのは誰よりも大好きなママの声なんて、赤ちゃんにとっては幸せそのもの!

  

子どもはママの真似をして遊ぶものです。
おしゃべりが始まれば、英語で答えてくれるようになります。

日本でも外国でも赤ちゃんは1日中パパやママの声を聴いて母国語を習得しますから、言語の習得に一番重要なのが「話しかけてもらうこと」ということは明白ですね。

  

  

難しく考えないで!1日1曲から、または5分からでもOK!

  

もし毎日ママが英語フレーズで声かけしたら…

英語の手遊び歌を見せてくれたら…

TVやDVDの内容を一緒に復唱してくれたら…

洋書の絵本を一冊でも読んでくれたら…

  

これをやっていると、15分ではとても足りないです。
でも子どもが夢中になるようであれば、30分でも1時間でもOKです。

忙しい日はTVやDVDだけに任せてしまうのも良いでしょう。
英語も日本語も、こうして身についていくものだと私は思います。

   

難しく考えないでください。

動物や色の名前を英語で全く言えない!

という方は、おそらくあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

童謡や手遊びも、最初は短いものでも十分です。
少し練習すれば、英語が苦手な方でも誰でも歌えるようになる歌が必ずあります。

   

うち子
パパもママも少しずつ、少しずつ。
ぜひおうちで英語、試してみてね!!

  

  

よろしければフォローお願いします!