赤ちゃんと英語学習をする方法!?【その②】

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

ありがたかったEテレ先生

   

きっと多くのパパ・ママが最初に通る道、教育番組!
私も例外ではなく、かつてお世話になっていたEテレ先生に助けてもらうことにしました。

それと同時にCDやDVDを少しずつ手に入れたり、自分で歌を覚えたりして娘に少しずつ聴かせ始めます。

  

生まれたばかりの赤ちゃんは、生後6〜10ヶ月(諸説あり)までは地球上のどの言語もすんなり耳→脳に入り、聞き分けることができるようになると言われています。

科学的根拠は乏しい部分もありますが、小さければ小さいほど脳がグングン成長することは間違い無いのでそれまでに英語の「音」を耳に入れてあげたかったのです。

  

どうせ日本語で童謡を歌うなら!

どうせ日本語で話しかけるなら!

  

そう思うたびにわからないフレーズは調べ、なるべく娘に英語を聴かせていくうちに私自身が歌を覚えることが楽しくなり、レパートリーが増えて行くのも嬉しくなっていきました。

  

おゆりが成長した後のお話はまた今後の記事で触れますが、保育園でも幼稚園でも英語に触れてきた結果、4歳になった現在ちょっとした効果を発揮してきています。

0歳には0歳の楽しみ方が、2歳・3歳・4歳にはまたそれぞれ違った楽しみ方や成長や驚きがあるものです。

  

うち子
難しく考えなくて、大丈夫!

   

まずは動物や昆虫の名前・スーパーではお野菜など、ママが子どもと一緒に身近な単語から吸収していけばいいのです!

ただし、3歳まではあまりデジタル製品に触れさせすぎないこと。

DVDはもちろん、CDを一日中かけっぱなしなんておうちはあまりないかと思いますが…できれば赤ちゃんの耳に入れるのは、おうちの人の「生の声」で!

   

その方が、より赤ちゃんの脳に響くんですよ✨

   

   

   

よろしければフォローお願いします!
/*楽天の広告を左寄せ始まり*/ .rakuten{ float:left } /*楽天の広告を左寄せ終わり*/