“食事”も楽しむ!〜アソビだけじゃないのよ人生は〜

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

「Enjoy」第二弾!

   

先日、おばあちゃんにたくさん柿をいただいたおゆり。「カキ!カキ!」と喜んで、数日楽しませていただきました。

最近は英語に限らず私が歌うナツメロなど、何にでも興味を示したりマネをしたりするのに、食べ物が目の前にある時はその限りではないようで…

ちなみに「Enjoy!」の声かけ以外にも、

   

うち子
Persimmon!(柿)
おゆり
Persimmon!

   

と、何往復かラリーをしてから食べ始める流れを作っていました。

柿は年中ある果物でないので、秋にとことん覚えてしまおうという魂胆(笑)でもきっと、来年の春には忘れてしまうでしょう。

フラッシュカードなどで一気に単語を定着させる方法も有効ですが、私はもうしばらく「生きたおうちえいご英語」を実践したいと思います!

みなさんも、おやつ・お食事に使えるフレーズをぜひおうちで!

   

   

「Enjoy」の正しい使い方

   

「Enjoy」は他動詞です。他動詞とは、目的語を必要とする動詞のこと。
ただ「楽しむ」というだけの表現はできず、「何を」楽しんだか、という対象が必要になります。

   

Enjoy+◯◯
「〜を楽しむ」

   

このような形にする必要がありますが、例を挙げてみましょう!

   

①I enjoyed the party.
「私はパーティーを楽しみました」

②I used to enjoy playing the piano when I was young.
「若いころはよくピアノを弾くことを楽しんだものです」



A:How was the movie?
「映画はどうだった?」

B:I enjoyed it!
「楽しかったよ!」

   

いかがですか?赤字のところに注目してみてください。”enjoy”のあとに、必ず「何を楽しんだか」を指す「目的語」が入っています。

③のBのような場合でも「it」が必要になり、「I enjoyed!」とは言えませんので注意が必要ですね。

そして、②のように「enjoy」の後ろに動詞が来る時は、必ず「ing」形になるのでお気をつけて!

   

マンガのように、お食事などの呼びかけに使う時は「Enjoy!」だけでも使えるのですが、これは“Enjoy your meal!” が略された形です。

   

「Enjoy」の一言でじゅうぶん使えるので育児にオススメ!

   

ぜひお子さんと楽しく使ってみてくださいね❤️

   

   

よろしければフォローお願いします!