そこに英語の知識があるから!〜日本語では味わえない楽しさがある〜

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

動物を使った英語表現

   

L.A.時代、語学学校に通っていた私の楽しみは美人で大好きなレベッカ先生に会うこと。彼女は毎朝、ファストフード店でダイエット・コークを買ってきて飲んでいたのを覚えています。

私が渡米したのは社会人を経て数年。当時は英語からずいぶん離れていたこともあり、スピーキング・リスニング能力共にダダ下がり。

特に文法は長期間勉強しないと忘れてしまうのですが、レベッカのわかりやすい授業のおかげでかなりブラッシュアップされました。

そんな彼女が授業で教えてくれたイディオムやスラングは不思議と記憶に残っている物が多く、マンガで描いたようなことが先日突然起きたのです。

   

   

帰国から10年以上経ち、最近では英語を話す機会もあまりなくなりました。

そんな私ですが、「eat like a bird(少食だ)」というフレーズがおもしろくて好きだったので覚えていたのだと思います。

   

Rebecca「いつもはたくさん食べるけど、ボーイフレンドとレストランに行く時はあまり食べないようにするでしょ。そんな時に使えるの」

   

うち子
Rebecca、元気かなぁ…

   

日本の慣用句やことわざなどにも動物が出てくる言葉は多いですね。
それでは関連するフレーズを例にまとめましょう!

   

【動物を使った英語表現】

・She eats like a bird.
(彼女は少食だ/食が細い)

・He eats like a horse.
(彼は大食いだ) 

・They eat like a pig.
(彼らはガツガツ/下品な食べ方をする)  

・He drinks like a fish.
(彼は魚のように酒を飲む→大酒飲みだ)

   

\ 動物といえば、この記事! /

あわせて読みたい

                                                         […]

あわせて読みたい

                                                         […]

   

ミッピィーちゃん(仮名)の放送はなるべく英語で聴きたいのですが、おゆりはここのところ「日本語がいい」と言うようになりました。

この時も仕方なく音声を日本語に戻して聴いていたのですが、小鳥さんの食事シーンに対して

小鳥みたいに食べるね!!

は、さすがに意味がわかりませんよね(笑)

   

うち子
そのままやんけ!

   

その時はたまたま気づいたのでおもしろかったです。

   

   

洋画や海外ドラマやアニメなど、現地の文化や習慣がわかっていないと理解できないシーンも多いですよね。

ミッピィーちゃんはイギリス英語なので、アメリカ英語ともまた違う表現や単語があります。

   

いろんなな違いを知っていると、海外番組を観る際にもっと面白い発見があるかもしれませんね!

   

   

よろしければフォローお願いします!
/*楽天の広告を左寄せ始まり*/ .rakuten{ float:left } /*楽天の広告を左寄せ終わり*/