英語を勉強する目的は?〜娘の将来の夢のため!〜

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

激変した夢

   

子どもの「将来の夢」❤️
いつかこの質問ができる日を楽しみにしていました。

   

1歳か2歳の頃は「大人になったら何になる?」という質問にマジで「大きくなる!」と言っていたもので…

いつか(そして頻繁にコロコロ)変わってしまうであろう事柄ですが、今現在の考え方が聞けて嬉しい!と思っていました。

   

まさかお医者さんと警官という二足のわらじとは…予想外。

   

警官はなぜだかわかりませんが、去年のクリスマスにお医者さんごっこのセットをプレゼントしてからしょっちゅうお医者さんになりきっていたので、なんとなく憧れていたのはわかっていました。

娘の将来の夢を聞いたたーさんは

   

たーさん
警官はともかく医者か…
俺、頑張んなきゃな…

   

と、うなだれておりました。

しばらくして、英単語の「Queen」がエルサの職業(?)ということを知ってから、それまで憧れを抱いていたプリンセスではなく、クィーンになりたいと言い始め…

   

おゆり
おゆり、大きくなったらエルサになる!

   

つい先日までの警官と医者は遠くの方に行ってしまわれたようですが、コレ幸いと私は言って聞かせました。

   

うち子
エルサみたいになりたいんだね。
エルサは日本語が話せるけど、アレンデールの人だから普段は英語を話すんだよ。

きっと一生懸命練習したんだね。

おゆりもエルサみたいな立派なクイーンになれるようにたくさん勉強しようね。

   

かくして娘はたくさん勉強して女王になる目標を立てたのでした。

警察官も医者も立派ですが、おそらく4歳児の中ではなかなかスケールの大きな夢なのではないでしょうか(笑)

母としては本人がいつか「女王になるにはその筋の家に生まれるか、または相当レアな相手と婚姻関係を結ばないといけない」という事実に気づくまで、学習意欲の向上に利用させていただく次第です。

幸いなことに娘は毎朝のドリルを楽しそうにこなしているのですが、いつまでこの件ででモチベーションがあげられるか見ものです。

  

ただもう一つ気がかりなことが…

   

仮に一生懸命勉強をして、運良くどこかの国の女王になったとしても魔法の力だけはどうにもならないという事実。

   

   

娘よ、それだけは協力してあげられない母を許してくれたまえ。

   

   

ダラシュフうち子の「こどもとえいご」

                     […]…

   

   

よろしければフォローお願いします!
/*楽天の広告を左寄せ始まり*/ .rakuten{ float:left } /*楽天の広告を左寄せ終わり*/