「◯◯しないで!」〜いいことも、悪いことも!〜

   

   

   

  

 

  

   

   

   

  

   

   

   

   

   

スイミング×おうち英語、第3弾!

   

この日は時間に余裕があったので「〜しちゃダメ」の否定命令形を教えることに。(いや、別に走ったって良かったんだけどね笑)

叱るときはいつも一生懸命になってしまうため、日本語ONLYになってしまう私。なので「Don’t〜」を聴かせた記憶がほとんどなかった。

   

キッカケさえあれば、いろんな表現はどんどん教えなきゃ!

   

ついでに「Don’t〜」の後ろにくるもの…そう、「動詞の原型」が おゆりからいくつ出てくるか知りたかったのだ!

「あんまり使わない動詞は知らないだろうな〜」という私をよそに、あれもこれも答えてくれました(数えていなかったワタシ…)

ただ、普段は「ing」形で使うもの(例. swimming など)は、「Don’t swimming」になってしまい、それはそれで笑いました。

   

   

子どもが間違えたときは大チャンス!

   

つい「違う!」と言ってしまいがちでは?
でもそれは「堂々と発言できる子ども」を育てるうえで大敵と言っても過言ではありません。

   

(間違っているけど)「そう!よく言えたね!」と褒めてあげるか、笑って楽しむ。その上で「正解をきちんとインプットする」。

そうすることで「発言することを怖がらない」「自分に自信が持てる」子どもにしてあげられます!

   

駐車場からプールに着くまでの数分間、そこは「親子英会話教室」に早変わり。

   

テーマさえ決めてしまえばいつでもどこでもできるのがおうち英語の魅力❤️
歌なんかも覚えてしまえばアカペラでできるもんね❗️

   

   

うち子
Don’t be shy, everyone!!
みなさん、恥ずかしがらないで!

   

   

   

よろしければフォローお願いします!