ちょっと◯◯だなぁ…〜お食事中に「おうち英語」!〜

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

珍しく食いつく夫・たーさん

   

思いがけず突然増えた私の生徒。それは夫のたーさんでした。
彼は自称「英語が一切ダメ」というレベルだそう。
(実際は見たことないのでどの程度かわかりませんが)

   

普段は私が英語でおゆりに話しかけたり、英語フレーズや単語を教えているのを興味津々で見たり聞いたりしている…そのくらい。

しかしこの日は「しょっぱい」がいたく気に入ったようで、目を見開いて私に質問してくるので驚いたのはこっちでした。

   

おゆりそっちのけで食いつくパパ。

   

またまたネタにしてごめんね❤️
(だってパパネタ人気なんだもん(笑)

   

   

「ちょっと◯◯だなぁ〜」

   

「bit(ビット)」とはそもそもコンピューター用語で、電子機器で用いられる「情報量の最小単位」のこと。

「とても少ない量」を表すのがこの「bit」ですが、これに冠詞をつけ「a bit」とすることで副詞(形容詞や動詞などを修飾)になります。

   

●a bit:「少し」「わずかに」「いささか」
   

◯It’s a bit warm.
「わずかに暖かい」

◯Just a bit late.
「少し遅い」

   

うち子
It’s a bit salty. 
「少ししょっぱい」
たーさん
I don’t think so. 
「そうは思わないよ」

Not really.    
「そうでもないよ」

  

  

ちなみにこのときは、私がしょっぱく感じただけなのか たーさんが気を遣ってくれたのか「そうでもない」という結論に達しました(笑)

   

   

日常で頻繁に訪れる「ちょっと◯◯だなぁ」というときに頻繁に使えます!

   

   

ぜひ試してみてくださいね❤️

   

   

よろしければフォローお願いします!